スタッフの腰痛による急な欠勤・労災の予防

労働者の腰痛予防でスタッフの健康維持・労災リスクを軽減

当プログラムは、企業の従業員やスタッフの方々を対象とした、腰痛予防と体力維持・改善のための専門的な運動指導コースです。

現代は腰痛を抱えることによって仕事の生産性が下がっている従業員が非常に多く、腰痛の心配や腰の張りや違和感や不快感、腰痛による痛みが起こる不安によって集中力が上がらなかったり、肉体労働やモノの持ち運びが必要な仕事では、動ける姿勢が限られることによって労働生産性が低くなっています。

問題なのは、本人は「腰痛持ち」という自覚はあっても、痛みが起こっていないときにまで仕事の生産性が下がっていることに気づいていないことです。

また経営者側は仕事中に従業員が腰痛を起こした際に、欠勤によって業務が滞ったり、状況によっては労災となるリスクを自覚していません。

そういった事態を防ぐ目的で、当プログラムは腰痛改善の経験豊富な指導者が職場での腰痛予防・腰痛リスクを軽減するための効果的なエクササイズをお伝えします。

腰痛予防の運動指導プログラムについて

高齢者スタッフの転倒予防・腰痛リスク軽減のための運動指導

当プログラムでは、体の軸を調整することで姿勢や動き方の改善を促し、腰への負荷がかかる動きを軽減させ、日常生活や職場での動作改善を実現します。

指導経験豊富なスタッフが会社やお店に訪問して指導します(オンライン指導も可能です)。

目的:従業員の腰痛予防と体力維持・改善

当プログラムの特徴:

  • 腰痛予防に特化した運動指導プログラム
  • 60歳以上の高齢スタッフでも無理なくできる
  • 体力維持・改善による労働生産性の向上
  • その場で効果を実感いただけます

従業員の腰痛リスク軽減のメリット:

  • 従業員の健康増進
  • 労働災害リスクの低減
  • 医療費・休業補償の抑制
  • 従業員のモチベーション向上

2つのコース詳細

1日集中コース

  • 所要時間:1時間(人数により変動)
  • 内容:腰痛予防の基本エクササイズと日常生活での実践方法
  • 特徴:短時間で効果的な運動方法を習得

3ヶ月コース

  • 頻度:月1回、計3回
  • 所要時間:各回1時間(人数により変動)
  • 内容:段階的な運動指導と習慣化のサポート
  • 特徴:長期的なフォローアップによる確実な効果

どちらのコースも基本は訪問しての対面指導となります。希望に応じてオンライン指導も行っております。

指導者紹介

当プログラムの指導は、以下の専門資格を持つ経験豊富な専門家が行います。

  • 体軸調整の整体師
  • イス軸法のインストラクター

腰痛改善の豊富な経験により、高齢者の体の特性を理解し、適切な体軸調整と運動指導を行うことができます。

コース料金

1日集中コース

    • 料金:150,000円(税込165,000円)
    • 所要時間:約1時間(参加人数により変動)

3ヶ月コース

    • 料金:300,000円(税込330,000円)
    • 頻度:月1回、計3回

※料金は1社あたりの金額です。参加人数による追加料金はありません。

指導内容

当プログラムでは、以下のような具体的な指導を行います。

  1. 腰への負担を軽減する歩き方の習得
    • 正しい姿勢と歩行パターンの指導
    • 腰部への衝撃を吸収する歩き方のコツ
  2. 物を持ち上げる際の腰への負担を軽減する動作の習得
    • 安全な物の持ち上げ方のテクニック
    • 腰部への負担を分散させる体の使い方
  3. 立ち仕事での腰の負担を軽減する立ち方の習得
    • 長時間の立ち仕事に適した姿勢の指導
    • 疲労を軽減する体重移動のテクニック
  4. 体軸調整エクササイズ
    • 正しい体の軸を意識するトレーニング
    • 日常生活で実践できる簡単なエクササイズ
  5. 職場環境に応じたカスタマイズ指導
    • 各業種や職種に特化した動作改善のアドバイス
    • 職場で実践できる腰痛予防ストレッチの紹介

これらの指導を通じて、参加者は正しい動きを身につけ、日常生活や職場での腰への負担を大幅に軽減することができます。

お申し込み・お問い合わせ

詳細はお問合せフォームよりお問合せください。

※エイジフレンドリー補助金に申請する場合は見積書が必要です。
「従業員の腰痛予防の運動指導プログラムの見積希望」とご記載のうえ、ご希望のコースと受講希望人数、見積もりに必要な以下の情報をお問合せ内容で送信ください。

  • 御社名
  • 御担当者
  • ご住所
  • 電話番号

エイジフレンドリー補助金の活用の詳細は高齢者スタッフの転倒予防・腰痛リスク軽減のための運動指導のページをご確認ください。